研削・研磨作業

タイトル

火造り工程から次は、研削・研磨作業へと進みます。各工程の時々で最適な研磨機と研磨材を使用して、ハサミに熟練工が誠心誠意をもって、作業を進めます。

 前の工程

仕上げ研削・研磨

タイトル

荒砥ぎ作業

火造り工程の次のステップが荒砥ぎである。焼き鉄肌の黒皮を落としながら、形を整えていく作業である。

裏押し(裏すき)研摩作業

刃の切れ味の良さを左右する、裏すき研磨作業である。熟練工が、研磨砥石と回転数と手角を微妙に合わせながら、形を整えていく。

炉にて頭部への加熱作業・・・ここから、さらにハサミ職人の技能が求められる。

炭炉などで加熱し、頭に当たる部分の成型にこれから入っていく。火かげん、色合い、鎚と金床とハサミ鍛冶職人の腕・技能が最高に求められる工程に入っていく。

焼き入れ作業

鋼に生命を吹き込む最高の瞬間でもある。少しの作業のブレが許されない工程である。焼き過ぎず、低からず、長からず、短からず・・・長年の勘と経験が全てといって良いほどの、最重要工程である。

からくり作業(カシメ作業)

火造り・焼き入れ・焼き戻し・研磨・刃付け作業などが済むと、いよいよ、カシメ作業工程に入る。振り落とす、鎚の微妙な力加減が全てである。

刃合い調質作業

一つ一つのハサミを最高に熟練した職人が、全神経を集中して刃の反り合いを合せ、刃切れを丹念に調質していくのである。
ここには、一切の妥協は許されない。ハサミの、刃切れ・刃合い・刃当たり・カシメ具合・バランス・切れ音などに渡って、ハサミ全身の調質をしていくのである。

仕上がり工程

ハサミの出来具合は・・・・・お客様がお決めになること。
我々ハサミ職人衆は、ただただ、本物を目指して自分自身が納得できるハサミ造りを毎日毎日行うだけである。
自分自身が納得できなくて、お使いになるお客様にはご満足はいただけないのである。
直徳のハサミ鍛冶職人衆は、今日も技術・技能の進化、向上を目指して研鑽を重ねていくのである。

佐藤真一

↑このページのトップへ戻る